セフレ欲しいならマジで出会えてヤレる!【実際、私自身2020年現在も使い続けています】

セフレ欲しいならマジで出会えてヤレる!【実際、私自身2020年現在も使い続けています】

ネットを使って女の子と出会って、これまで100人以上の女の子とハメ撮りさせてもらいましたし、今もハメ撮りしまくっています。

これです↓

ハメ撮り動画保存

エロい娘がとにかく多い!ハッピーメール

ハッピーメールは映画にもなり、広告塔に元AKB48の女性を使っていて女性に大人気の出会い系。

国内で一番有名なのがこのハッピーメールです。

ハッピーメールは掲示板16カ所に毎日募集を書き込めます。金額にしたら月額24000円分!

「ハッピーメール」は、普通の出会いはもちろんのこと、相性占いからの検索、メル友としての悩み相談、飲み友達探し、などなど、ライトな出会いも作りやすく、そのうえ検索条件も細かく設定できます。

そして何より、日本の出会い系の中でトップの会員数を誇っているということです(2000万人超え)。

なので、他のマッチングサービスでは「地方だと相手がなかなか見つからない」という意見もよく見られますが、ハッピーメールなら都市部以外でも相手が探しやすいという強みがあります。

月額会員料金というものがないため、気が向いた時にふと利用するというユーザも多く、長年たくさんのユーザに愛されている老舗の出会い系サイトです。

ハッピーメールの基本情報

運営会社:株式会社アイベック

会員数:2000万人

男性料金:

・1人と出会うのに250~500円

(プロフ閲覧 + メール4~8通)

・登録時に1200円分のポイント付与

女性料金:無料

男性登録料:無料

女性登録料:無料

実はこっそり使っている女の子が多い!Jメール

Jメールはハッピーメールほど有名ではありませんが、会員600万人以上の人気出会い系で老舗でもあります。

Jメールは、ポイント倍増キャンペーンや女の子のプロフィール検索見放題キャンペーンを定期的に行っており、非常に会いやすいサイトになっています。

利用目的としては「恋活」か「婚活」かというと、どちらかと言えば恋活向けで、さらに言うと、男性と同じようにライトな出会いを求める女の子がたくさん登録しています。

積極的な女の子が多く、次から次へメッセージをもらえます。運営が、出会い目的以外で登録している人に厳しく、あやしい人物はアカウントを停止されるのでメッセージをくれる女性にも安心して返信できます。

ハッピーメール同様、月額会員料金というものがないため、気が向いた時にふと利用するというユーザも多く、長年たくさんのユーザに愛されている老舗の出会い系サイトです。

Jメールの基本情報

会員登録:無料

登録時にもらえるポイント:登録後に年齢確認を完了して1,000円分のポイント(100ポイント)

女性の料金:女性は完全無料になります。

男性の料金:1ポイント=10円

ミントC!Jメールの概要

事業社名:有限会社エムアイシー総合企画

届け出:[総務省 第二種電気通信事業] 届出番号 H-15-763[福岡公安委員会] 第90080006000号

会員数:600万人以上

時代の流れにぴったり!ワクワクメール

ワクワクメールは時代にマッチしている出会い系で、女性に大人気な老舗で会員800万人以上!

ワクワクメールは、パパ活女子にとにかく人気で、ライトな出会い目的で登録している女の子が2017年以降激増しました。

ワクワクメールにはワクワクメールにしかない非常にお得な機能がたくさんあります。

特に、男女が出会うためのきっかけになるスマイル機能が秀逸です。

なんとワクワクメールではスマイル打ち放題!これ、すごいことなんです。

スマイルとはマッチングアプリで言うと【いいね】にあたります。

男性は最初にもらえる無料ポイントが業界最多の1200円分あります。

無料ポイントを使い切った後でもワクワクメールのゲームをプレイしてクリアするとポイントがもらえるという嬉しいサービスもあります。

↑こういったサービスは他のサイトではまずありません。

ワクワクメールは月額定額制ではなくポイント制で、友達探しから恋活・婚活まで、とても幅広い用途で利用できます。

Jメール同様、月額会員料金というものがないため、気が向いた時にふと利用するというユーザも多く、長年たくさんのユーザに愛されている老舗の出会い系サイトです。

ワクワクメールの基本情報

料金:料金一人と会うのに250円から500円(プロフ閲覧プラスメール4~8通)

料金:登録時に1200円分のポイントを付与(女性無料)

登録時:男性無料(女性無料)

運営会社:株式会社ワクワクコミュニケーションズ

会員数:800万人以上

無料でエッチできた経緯を読んでみる

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました